弁護士はあなたの強い味方です!

逮捕されてしまった。どうしよう
大半の人にとっては、逮捕や裁判は初めての、とても大変なことだと思いますが、弁護士にとって刑事弁護は日常的に行う弁護活動の1つです。安心して刑事事件の弁護をお任せください。

安心して刑事事件の弁護をお任せください。

弁護士であれば、これまでの刑事事件の経験に基づいて、

  • 「これからの手続にどれくらいの時間がかかるのか?」
  • 「どれくらいの刑になりそうなのか?」

など今後の刑事手続がどのように進むかをご説明し、これから取るべき方針を助言すると共に精神的にもサポートすることが出来ます。

弁護士なら、土日祝日でも本人と接見出来ます。

※一般の方の場合、証拠隠滅の恐れがあるために、親族であっても面会が禁止されることがあります。その場合でも、弁護士なら、警察の立ち会いを受けずに、本人と接見(面会)出来ますし、その際にご家族の言葉を伝えてご本人を励ますことも出来ます。弁護士なら、土日でも本人と接見出来ます。

重要また、捜査機関から被害者の連絡先を教えてもらい、被害者と示談を交渉することも出来ます(示談成立によって不起訴にしたり、刑を軽くしたりすることが出来る場合もあります)。さらに、保釈の手続をとることによって身体拘束からの解放を試みることも出来ます。
 

刑事事件は、迅速な対応が必要です。多くのケースで弁護士への1日の受任の遅れが大きな結果の違いにつながります。

まずは、ご相談してみてください。私ども弁護士がお手伝いできることがあるかもしれません。

誤認逮捕・冤罪事件のご相談もお受けしています。

h6冤罪事件における弁護活動
無実・事実無根の場合は、通常の逮捕事件よりもより迅速かつ適切な対応が求められます。早い段階で刑事事件の弁護経験が豊富な弁護士に依頼することが必要です。

刑事事件の私選弁護士をお探しなら

h6弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所の刑事弁護
ご依頼者様にとって「相談しやすい刑事弁護士」「丁寧に分かりやすく説明する弁護士」であることをモットーに弁護活動に取り組んでおります。勿論、迅速に対応致します。24時間体制で受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。土日祝日も365日対応致します。

[刑事事件専用]電話:03-5356-6362
(平日/土日祝日を問わず、新規のお問い合わせも受け付けます)
オペレータによる24時間の受付を行っております。順次弁護士より折り返しのご連絡を差し上げます。