刑事裁判の流れ

1冒頭
手続
人定質問:
名前、住所、本籍、生年月日を問い、本人確認をします。

起訴状の朗読:
検察官が審理の対象となる公訴事実を朗読します。

黙秘権の告知:
裁判官から本人に対し、「言いたいくないことは供述しなくて良い」ということと「供述をした場合は有利にも不利にもなる」ということを告知します。

罪状認否:
検察官が読み上げた起訴状の事実に間違いがないか、本人に確認します。弁護人にも同様に意見を求めます。
2冒頭
陳述
検察官が立証予定の事実を述べます。
3証拠
調べ
まずは検察官が証拠提出を請求します。
弁護人がこれに同意すると証拠の提出が認められます。
それが終わると、弁護人が証拠を提出します。罪を認めている場合は、本人の反省文や家族の身元引受書が主な証拠です。
4被告人
質問
本人に対し尋問します。
順序は、1.弁護人、2.検察官、3.裁判官です。
5論告

求刑
検察官が意見を述べます。
6弁論同様に弁護側も意見を述べます。
7判決審理が終わると判決となります。
裁判のその日に判決が出る事件もありますが、2週間~1ヶ月後となるケースも多いです。