刑事事件に強い弁護士の条件

刑事事件では、弁護士が身柄拘束中のご本人と接見(面会)したり、ご本人やご家族に対して今後の見通しを述べたり、弁護活動の内容について説明したりする他、警察及び検察と話し合いをしたり、被害者の方と示談交渉をしたりといったことに取り組みます。

そのため、刑事事件の弁護士は、優れたコミュニケーション能力があることを求められます。
たとえ弁護士としての能力が高くても、依頼者の話に耳を傾けなかったり、難しい言葉ばかりで説明がよく分からなかったり、すぐ感情的になってしまったりする弁護士だと依頼した側としてはとても不安な気持ちになることでしょう。

また、弁護士といっても考え方や人生観など様々な人がいますので、「信頼出来る人かどうか」「どれだけ親身になって取り組んでくれるか」を基準にすると良いでしょう。

重要
「相談しやすい弁護士かどうか」「丁寧に説明してくれる弁護士かどうか」を見極めることが重要です。