傷害

傷害罪の法定刑

刑法第204条

人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金若しくは科料に処する。

傷害とは、人の生理的機能を害する行為をいいます。
暴行の結果、怪我をさせれば傷害罪となります。
また、傷害行為は、有形力の行使に限られないので、連日嫌がらせ電話を掛けて、相手をノイローゼにした場合も、傷害罪になりえます。

傷害の具体例

  • 相手を殴って怪我を負わせた場合
  • 毎日嫌がらせ電話をかけて相手をうつ病にさせた(精神的傷害)場合

傷害の最近の傾向

傷害は酔客同士のケンカから、中学生や高校生同士のケンカ、いじめなど、さまざまなケースで発生する犯罪です。ケンカで両方が傷害を負った場合、それぞれが傷害罪に問われることもあります。

傷害の刑罰

傷害の被害者と示談が成立すれば、不起訴になる可能性があります。
傷害の前科前歴がなく、被害者の傷害の程度も軽ければ、罰金刑になる可能性があります。
傷害の前科があったり、被害者の傷害の程度が重かったりすれば、逮捕勾留され、公判請求されることもあります。