「遺言」

法律の世界では「いごん」と読みます。

世の中では、相続をめぐって親族間で争いが起こることも珍しくありません。

自分亡き後、愛する家族が財産で骨肉の争いを繰り広げることほど、悲しいことはないでしょう。遺言は、このような悲劇を防止するため、自分自身が財産の帰属を決めることに意義があります。

後に残された者が困らないためにも、家族関係にふさわしい形で財産を承継させるように、
遺言を考えてみてはいかがでしょうか?

お問い合わせフォームはこちら [お急ぎの方へ] 回線混雑などで03-5356-6362にお電話が繋がらない場合や深夜早朝の緊急時は、050-3558-7744(弁護士直通)にお電話ください。