遺言が必要な場合とは?

遺言は、遺言者の意思を相続の時に反映させるものです。

遺言がない場合には、法定相続分での分割となります。
遺言がないと遺産分割で揉めそうな場合には当然遺言を遺すことが有効です。

それだけでなく、

  • 法定相続分とは異なる遺産の分割をしたい場合、
  • 自宅など特定の財産を特定の相続人に相続させたい場合、
  • 相続人以外の人に財産を遺したい場合

などにも遺言は有用です。

お問い合わせフォームはこちら [お急ぎの方へ] 回線混雑などで03-5356-6362にお電話が繋がらない場合や深夜早朝の緊急時は、050-3558-7744(弁護士直通)にお電話ください。