存命中(生前)に使い込みが発覚した場合

存命の親族(親/おじ/おば等)の預貯金を横領・使い込んだ家族に対して、使い込まれたお金を返還請求(不当利得返還、横領・不法行為に基づく返還請求)したい方

存命の親族の方の場合、使い込んだ家族に対して、使い込まれたお金を返還請求(不当利得返還、横領・不法行為に基づく返還請求)するには、財産を使い込まれたご本人か、(ご本人が判断能力が乏しい場合には成年後見人を付けて)後見人から返還請求を求めることになります。


弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所では、裁判前の示談・和解交渉、裁判を多く取り扱っています。金額的にも、遺産の使い込み金額が億を超える案件も複数扱っており、様々事例を扱った経験があります。お問い合わせの多いご質問内容については「相続に関するQ&A【遺産の使い込み】」コンテンツでご紹介しております。

お問い合わせフォームはこちら [お急ぎの方へ] 回線混雑などで03-5356-6362にお電話が繋がらない場合や深夜早朝の緊急時は、050-3558-7744(弁護士直通)にお電話ください。