遺留分

法定相続人なのに財産を分けてもらえません ―遺留分

遺留分の相談
遺留分とはなんですか。

弁護士の回答民法で定められている一定の相続人が最低限相続できる財産のことをいいます。被相続人の兄弟姉妹以外の相続人には相続開始とともに相続財産の一定割合を取得しうる権利があります。


遺留分の相談
遺留分は相続人が兄弟姉妹の場合にも認められますか。

弁護士の回答認められません。遺留分は相続人が兄弟姉妹の場合にはありません。


遺留分の相談
遺留分をゼロにすることはできますか。

弁護士の回答遺留分は遺言によっても排除できない権利とされており、ゼロにすることは困難です(民法)。ただし、生前に上手に財産を特定の相続人に移転し、他の相続人の遺留分を減少させることはできます。

他の相続人が相続放棄した場合

遺留分の相談
相続人の一人が相続放棄した場合、遺留分でもらえる財産は増えるのでしょうか。

弁護士の回答増えます。相続放棄を行った相続人は初めから相続人ではなかったものと扱われるからです。

遺留分が侵害されたときの解決方法

遺留分の相談
遺留分減殺請求を裁判で争うときの方法を教えてください。

弁護士の回答遺産のそれぞれについて、相手方に遺留分相当額の持分を請求します。

たとえば、遺留分が4分の1なら、遺産の不動産の4分の1、遺産の株式の4分の1、遺産の預貯金の4分の1・・・というように全ての遺産について、4分の1ずつを渡すよう請求します。(「不動産も含めた遺産の総額が4000万円だから4分の1である1000万円を請求する」というのは正しくありません)


遺留分の相談
遺留分減殺請求において、実際にはどのような解決がなされているのですか。

弁護士の回答遺留分減殺請求の実際の解決では、金銭支払いの方法による和解の解決が多く図られていると思います。

遺産である不動産、株式など遺産全体の金額を査定して、遺留分減殺請求された相続人がその金額の遺留分相当額を、遺留分減殺請求している相続人に支払うことが多いです。

お問い合わせフォームはこちら [お急ぎの方へ] 回線混雑などで03-5356-6362にお電話が繋がらない場合や深夜早朝の緊急時は、050-3558-7744(弁護士直通)にお電話ください。