過払い金の相続

過払い金とは、借金返済の際に払い過ぎた利息のことです。

過払い金の相続

過払い金(借金返済の際に払い過ぎた利息)の相続に関する相談
過払い金も相続できるのですか?

弁護士の回答過払い金も相続の対象となります。相続人は、貸金業者に対して過払い金の請求ができます。


過払い金(借金返済の際に払い過ぎた利息)の相続に関する相談故人が既に借金を返し終わっている場合(完済の場合)でも過払い金の相続はできますか?

弁護士の回答消費者金融(サラ金)でキャッシング・借り入れをしてすでに完済の場合、過払い金が発生している可能性が高く、過払い金を相続できる可能性が十分にあります。


過払い金(借金返済の際に払い過ぎた利息)の相続に関する相談消費者金融(サラ金)ではなくクレジット会社(信販会社)と取引していた場合でも過払い金が発生しえますか。

弁護士の回答クレジット会社(信販会社)でも、キャッシング(借り入れ)していて過払い金が発生している場合、過払い金を相続できるケースがあります。


過払い金(借金返済の際に払い過ぎた利息)の相続に関する相談亡くなった親が消費者金融(サラ金)やクレジット会社(信販会社)からキャッシング・借り入れをしており、死後に請求書や督促状が見つかりました。完済していません。貸金業者から請求/督促されている(完済していない)場合でも過払い金の相続はできますか?

弁護士の回答故人が貸金業者からキャッシング・借り入れをして、現在も請求/督促されている(完済していない)場合でも過払い金の相続はできます。業者から取引履歴を取り寄せて、正しい利息で計算し直したら何十万・何百万円の過払い金が発生していたという事例もあります。


過払い金(借金返済の際に払い過ぎた利息)の相続に関する相談死亡した親に過払い金があります。相続人が複数いる場合はどのようになりますか。

弁護士の回答過払い金を相続する場合、原則的には法定相続分で分けることになります(遺言などで過払い金の相続の取り決めがある場合は除きます)。


過払い金(借金返済の際に払い過ぎた利息)の相続に関する相談亡くなった父の過払い金で、相続人が妻(母)と子供2人の場合、どのように過払い金は相続されますか?

弁護士の回答遺言などで過払い金の相続の取り決めがない場合、法定相続分通り、1/2を妻(母)、子供1人当たり1/4ずつの割合で過払い金を相続します。


過払い金に関する調査

過払い金(借金返済の際に払い過ぎた利息)の相続に関する相談亡くなった親に過払い金があるかどうか、過払い金の相続ができるかどうかを調べることはできますか?

弁護士の回答できます。

故人が生前に、貸金業者と長年取引していた場合、過払い金が発生している可能性があります。過払い金返還請求権は相続の対象となる財産です。相続人からの過払い金請求ができる場合もありますので、まずはご相談ください。


過払い金(借金返済の際に払い過ぎた利息)の相続に関する相談過払い金の相続ができるかどうかを調査するのに必要な情報や書類はありますか?

弁護士の回答過払い金がありそうな業者名、つまり、消費者金融(サラ金)やクレジット会社(信販会社)の会社名さえ分かれば、調査ができます。


過払い金(借金返済の際に払い過ぎた利息)の相続に関する相談
「過払い金があるかどうか」、具体的にはどのような調査をするのですか。

弁護士の回答「故人に過払い金があるかどうか」「過払い金の相続ができるかどうか」の調査は、まず過払い金調査の対象の貸金業者に調査を依頼し、過去の取引履歴や取引明細を取り寄せます。取引履歴・取引明細を正しい利息(利息制限法に定める利息)に引き直し計算をすると、過払い金が発生しているかどうかの結果が分かります。


過払い金(借金返済の際に払い過ぎた利息)の相続に関する相談
故人に過払い金があるかどうかを調査するのにお金はかかりますか。

弁護士の回答弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所の場合、過払い金の相続のご相談、過払い金調査の費用は無料です。

お問い合わせフォームはこちら