遺言で決めておくべき事項とは?

遺言では、誰にどの遺産を相続させるのか明確にすることが大切です。

遺言では、誰に、どの遺産を相続させるのかを明確にすることが大切です。それ以外にも自分の死後について希望がある場合には、できるだけ遺言で書いておくべきです。被相続人の意思を遺言でしっかり残しておくことで、相続人間の紛争を防ぐことができます。
h6適切な遺言を書くことで、相続の手続きが円滑に進みます。

お問い合わせフォームはこちら [お急ぎの方へ] 回線混雑などで03-5356-6362にお電話が繋がらない場合や深夜早朝の緊急時は、050-3558-7744(弁護士直通)にお電話ください。