遺言執行者とは

遺言執行者とは、文字通り遺言を執行する者、遺言の内容通りに遺産を分ける任務を遂行する者をいいます。

遺言を作成せず、遺言執行者もいないとどうなる?

遺産の処分についても相続人全員から委任状や遺産分割協議書を取得しなければならないのが原則です。たとえば預貯金の解約は法律上各相続人が単独で法定相続分を取得することになっていますが、金融機関は相続人全員が署名押印した遺産分割協議書や相続人全員の委任状がないと相続人一人の法定相続分の解約にも応じないことが一般的です。

また遺言執行者が決まっていないと、遺言執行のひとつひとつで相続人全員の同意や委任状が必要となり、トラブルの元となります。たとえば解約した遺産の預貯金の現金は相続人のうち誰の預貯金口座で管理するのか、不動産を処分する場合にどこの不動産業者に仲介を依頼するかなど、一つ一つの手続きで相続人間に意見の食い違いがあると遺産の分配がストップします。それだけでなく場合によって遺産分割調停など裁判手続に移行する場合もあるのです。

遺言執行者には弁護士しかなれない?

遺言執行者に弁護士などの資格は必ずしも必要ではありません。
相続人が遺言執行者となることも可能です。

もっとも遺言執行は内容の法的分析な専門的な知識が必要な場合が多く、また不動産処分や金融機関の解約は平日の日中に手続を行うことが大半なので弁護士が行った方がより迅速で適切な遺言の執行、遺産の分配ができるでしょう。

お問い合わせフォームはこちら [お急ぎの方へ] 回線混雑などで03-5356-6362にお電話が繋がらない場合や深夜早朝の緊急時は、050-3558-7744(弁護士直通)にお電話ください。