条件付きの遺言

条件付きで財産を譲りたい

遺言の内容に関する相談「長男が家業を継ぐことを条件に長男に遺産を全部相続させる」という条件を付けて、遺言を作成しても有効ですか。

弁護士の回答条件を具体的にしていれば、条件付きの遺言も有効です。条件のなかでも、義務である場合には負担付遺言といいます。この遺言も有効です。


遺言の内容に関する相談「孫が弁護士になったら、全遺産を譲る」という条件を付けた遺言を作成しても有効でしょうか。

弁護士の回答条件を具体的にしていれば、条件付きの遺言も有効です。条件のなかでも、義務とは言えない場合の遺言を条件付遺言といいます。


遺言の内容に関する相談条件付遺言で全部の遺産を相続した相続人が、条件を守らなかった場合、条件を守るよう請求することはできますか。

弁護士の回答条件付きで相続した相続人が、条件を守っていない場合、他の相続人は、民法1027条により遺言の条件をきちんと実行するよう求めることができます。


遺言の内容に関する相談条件付遺言で全部の遺産を相続した相続人が、条件を守らなかった場合、遺言の取り消しを求めることはできますか。。

弁護士の回答条件付で相続した相続人が、全く条件を守らず、実行しない場合、他の相続人は民法1027条により遺言書の取消を家庭裁判所に求めることができます。

お問い合わせフォームはこちら [お急ぎの方へ] 回線混雑などで03-5356-6362にお電話が繋がらない場合や深夜早朝の緊急時は、050-3558-7744(弁護士直通)にお電話ください。