特別縁故者とは

亡くなった人に相続人がいない場合

特別縁故者とは、亡くなった人(被相続人)に相続人がいない場合に、相続人ではない第三者に家庭裁判所が遺産を分与する制度です。

特別縁故者になれる人は、

  • 被相続人と生計を同一にしていた者
  • 被相続人の療養看護に努めた者
  • その他被相続人と特別の縁故があった者

のいずれかです。相続人の存否が不明の場合には、裁判所から選ばれた相続財産管理人が被相続人の債務を支払うなどして清算を行います。その後、裁判所が相続人を捜索するための期間内に相続人である権利を主張する者がなかった場合、家庭裁判所が、特別縁故者の申立てを行った者に対して、清算後残った相続財産の全部又は一部を与えるか否かを判断します。

「特別縁故者の申立て」手続きの流れ

1 相続財産管理人の選任(民法952条1項)

被相続人の遺産を管理する管理人を家庭裁判所が選任します。

相続財産管理人の役割は、被相続人に対する債権者、見つかっていない相続人の存否の調査・確認する責任者でもあります。
相続財産管理人は通常、家庭裁判所が選任した弁護士が就任します。相続財産管理人も報酬が認められており、家庭裁判所がその報酬額を決定します。

2 相続財産管理人選任の官報公告

被相続人の遺産について相続財産管理人が選任されたことを家庭裁判所が官報に公告します(民法952条2項)

3 債権者、受遺者に関する官報公告

2の公告後、2ヶ月、相続人がいないと考えられる場合には、相続財産管理人の責任において、債権者や受遺者(被相続人から遺言に基づいて遺贈を受けて遺産を貰えることになっている者)がいないかどうか、該当する者に名乗り出るよう官報に公告します。この期間は2ヶ月以上です(民法957条1項)。

4 相続人に関する官報公告

3の公告期間満了後、相続財産管理人または検察官が家庭裁判所に請求して、相続人がいたら名乗り出るようにと、官報に公告します。この相続人に関する公告の期間は最低6ヶ月です(民法958条)。

5 特別縁故者による財産分与の申立て

相続人として名乗り出る者がこの期間内にいなかったなど相続人が発見されなかった場合には、特別縁故者の財産分与の申立ができます。特別縁故者の財産分与申立ができるのは4の公告期間満了以降で、なおかつその期間が満了してから3ヶ月以内です。

6 特別縁故者の財産分与申立に対する家庭裁判所による審判

特別縁故者として申し立てた者が特別縁故者に当たるか、被相続人の遺産をどう分与するか家庭裁判所が審判によって判断します。

特別縁故者

遺産を相続する人が誰もいない場合は? ―特別縁故者

特別縁故者に関する相談
特別縁故者の例にはどのような人があげられますか。

弁護士の回答特別縁故者は相続人ではないけれど、被相続人と縁が深い人、内縁の夫婦、養子縁組していない養子、被相続人の財産管理、介護をした親戚などが一般的な例です。

h6特別縁故者の制度については、「特別縁故者」のコーナーでも紹介しています。


特別縁故者に関する相談
相続人がいる場合には、特別縁故者の申立てはできないのですか。

弁護士の回答相続人全員が相続放棄をした場合には、特別縁故者の申立てができます。


特別縁故者に関する相談
特別縁故者として遺産の分与を受けるにはどのような証拠が必要ですか。

弁護士の回答被相続人との交流、関係を示す証拠(日記、家計簿、写真、手紙など)、被相続人が特別縁故者に遺産を渡す意思であったことがわかるもの(手紙、メモなど)、被相続人のために特別縁故者が行った介護その他支援の内容がわかるもの(写真、介護の領収証、病院、介護スタッフ、近隣住民等の証言など)があるとよいでしょう。


特別縁故者に関する相談
特別縁故者は遺産をすべてもらえるのですか。

弁護士の回答ケースバイケースです。特別縁故者には遺産の一部が分与されることが一般的なようです。特別縁故者と被相続人の関係、特別縁故者が被相続人のためにどういったことを行ってきたかなどの事情で判断されます。

弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所の代表弁護士である川島は、特別縁故者に遺産全てを分与されたケースの相続案件を扱った経験もあります。特別縁故者の申立てをお考えの方はお気軽にご相談ください。

死後縁故

特別縁故者に関する相談被相続人が亡くなった後にお世話をした場合も、特別縁故者として認められるのでしょうか。

弁護士の回答死後縁故は一般に特別縁故者には含まれないとされています。特別縁故者の規定(民法958条の3)は、特別縁故者を被相続人の生前に縁故があった場合を前提としているためです。なお、特別縁故者に当たる場合とは、民法958条の3では「生計を同じくしていた者」「療養看護に努めた者」「特別の縁故があった者」と定めています。死後縁故が認められないというのは一般論です。死後縁故の場合でもお気軽にご相談ください。

特別縁故者の死亡

特別縁故者に関する相談【特別縁故者の申立て後の死亡】特別縁故者の財産分与を申し立てた人が申立て後に死亡した場合、遺産は分与されないのでしょうか。

弁護士の回答特別縁故者の財産分与を申し立てた人が申立て後に死亡した場合、相続人が分与を受ける権利を引き継ぐと解されています。特別縁故者への財産分与が裁判所で認められた場合、特別縁故者の財産分与を申し立てた人の相続人が被相続人の財産の分与を受けられます。


特別縁故者に関する相談【特別縁故者の申立て前の死亡】特別縁故者として財産分与の申立て予定だった人が申立て前に死亡しました。特別縁故者の申立て予定だった人の相続人が特別縁故者の申立てを行うことはできますか。

弁護士の回答特別縁故者として財産分与の申立て予定だった人が申立て前に死亡した場合、原則として、特別縁故者として財産分与の申立て予定だった人の相続人が特別縁故の申立てをすることはできないとされています。

特別縁故者とは、相続のような権利ではなく、家庭裁判所が特別縁故者に遺産を分け与える恩典にすぎないという立場で考えられているためです。特別縁故者として財産分与の申立て予定だった人の相続人自身が被相続人との関係で特別縁故者であった場合には、特別縁故者として財産分与の申立てをできます。

これは一般論です。特別縁故者の申立て前に亡くなった場合でもお気軽にご相談いただきたいと思います。