相続放棄とは

相続放棄とは

相続放棄とは、法定相続人が、被相続人の遺産を相続することを放棄する手続きです。

相続放棄の効果

相続放棄すると、初めから相続人でなかったとみなされます。

相続放棄をした法定相続人は、プラスの遺産が多くても相続せず、また、マイナスの遺産が多くても債務の負担を引き継ぎません。

相続放棄の具体例

相続放棄に関する相談
どういう場合に相続放棄をするのですか?

弁護士の回答「被相続人が莫大な借金を残して、遺産は負債の方が多く負債を相続したくない場合」が相続放棄の典型的な例ですが、相続を放棄する理由は人それぞれ。千差万別です。

相続放棄の事例

    たとえば、以下のような場合に、相続放棄の手続が取られることがあります。

  • 遺産はマイナスの財産の方が多く、負債を相続したくない場合
  • 自分は遺産を相続せずに他の相続人に遺産を引き継がせたい場合
  • 相続で相続人同士の争いが激しくなっていて、巻き込まれたくない場合
  • 遺産がプラスの財産と負債とどちらが多いか分からない場合
  • 遺産が少なく、遺産である不動産が遠方にあり、法定相続人が管理できない場合

相続放棄の注意点

相続放棄には期間制限がある

相続放棄したい法定相続人が、「自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内」に相続放棄の手続を取らなかった場合は、相続を単純承認したものとみなされ、相続放棄ができなくなります。

3ヶ月以内でも相続放棄できない場合がある

相続放棄したとしても、相続放棄が認められず、相続を単純承認したものとみなされる場合があります。下記の場合です。

  • 相続人が相続財産の全部、または一部を処分した。
     
  • 相続人が相続放棄をした後であっても、相続財産の全部、または一部を隠匿したり、消費したり、わざと財産目録に記載しなかった
    (相続放棄により相続人となった者が単純承認した場合を除く)。

相続放棄は撤回できない

相続放棄は一度放棄してしまうと撤回ができません(民法919条)。

そのため、相続放棄をした後で、「事情が変わったのでやっぱり遺産を相続したい」「相続放棄を撤回したい」といっても相続放棄は撤回できないのです。相続放棄は慎重に行う必要があります。