寄与分

被相続人の財産の増加や維持に特別貢献した場合 ―寄与分

寄与分の相談
寄与分とは何ですか。

弁護士の回答寄与分とは、相続人が被相続人の事業に関する労務の提供または財産の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持または増加につき果たした特別の寄与のことをいいます。


寄与分の相談被相続人を介護した相続人は、相続で取り分が多くなるなど有利に扱われますか?

弁護士の回答相続人が被相続人を介護していたとしても当然に相続分が増えたり、相続で有利に扱われるわけではありません。

被相続人の介護を相続・遺産分割の分配で多くもらうなど評価してもらうには、介護をした相続人から寄与分の主張をする必要があります。相続人間で寄与分について合意ができない場合は遺産分割調停の中で寄与分の申立てを行う必要があります。


寄与分の相談
長年の介護は寄与分にあたりますか。

弁護士の回答通常の手伝い・介助のレベルでは寄与分にあたらないとされることも多いです。「介護・療養看護型の寄与分」も併せてご覧ください。


寄与分の相談
介護を寄与分として認めてもらうにはどのような証拠が必要ですか。

弁護士の回答①被相続人の介護度がわかるもの(診断書、カルテ、介護認定、介護ヘルパーの利用明細、連絡ノートなど)、②介護の期間、一日の介護の時間、内容が分かるもの(介護日記など)が一般的に必要です。
これ以外にも、介護のために仕事を休んだ場合などは日付、その欠勤による減収分などを記録に残しておくとよいでしょう。


寄与分の相談
実家の家業を手伝った場合には寄与分に当たりますか。

弁護士の回答実家の家業を手伝った場合に寄与分に当たることがあります。寄与分にあたるかどうかは相続人の家業に対する貢献度が重要です。

寄与分の算定方法

寄与分の相談
寄与分はどのように決定されますか。

弁護士の回答以前は、家庭裁判所の調査官が聴取・調査を行っていたこともありました。しかし、現在は東京家庭裁判所では調査官による聴取・調査は行われない運用になっています。寄与分を主張する相続人の主張や寄与分に関する証拠をもとに裁判所が、寄与分の有無、寄与分の金額を決定します。

介護・療養看護型の寄与分

介護、療養看護型の寄与分はどのような場合に認められますか

1 介護、療養看護型の寄与分とは?

介護、療養看護型の寄与分とは、病気療養中の被相続人の介護、療養看護に従事した相続人に対して、その対価分を金銭的に評価して、増額される相続分を寄与分をいいます。

一般的には、単なる介護、看護では認められにくく、ハードルが高いものです。また、どんなに24時間、介護、療養看護を行ったとしても、きちんとした証明、証拠がないと認められにくいです。

2 介護、療養看護型の寄与分が認められるために必要な条件は?

介護、療養看護型の寄与分を認めてもらうのは、一般的に、

  1. 被相続人の病状が介護、療養看護が必要
    (要介護認定2以上が基準とされています)
  2. 相続人などの近親者による療養看護が必要であったこと
  3. 被相続人への相続人による介護、療養看護が「特別の貢献」にあたること
  4. 介護・療養看護に対して、無報酬か無報酬に近い状態で行われていること
  5. 相続人による介護、療養看護が相当期間に及んでいること

の5つの条件が必要です。

詳しくは、「介護、療養看護型の寄与分FAQ」をご覧ください。

3 介護、療養看護型の寄与分額はどのように計算されますか?

介護、療養看護型の場合、寄与分額としては、相続人による介護、療養看護行為について、1日当たりの日給・報酬額を決定し、介護・看護日数を掛けて、総額を計算することが一般的です。

介護、療養看護行為について、1日当たりの日給・報酬額は、介護保険における介護報酬基準を基本とします。ただし、介護・看護の資格のない相続人が行っている分、減額することも一般的です。

介護・療養看護型寄与分FAQ

連絡が取れない行方不明の相続人について、家庭裁判所に失踪宣告の申立てが認められました。連絡が取れない、行方不明の相続人はどのように扱われますか。
法律上、失踪宣告がなされた連絡が取れない行方不明の相続人については、死亡したものとみなされます。
弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所では相続欠格の取り扱った経験はありますか。
代表弁護士の川島は、相続欠格を理由とした相続権が存在しないことの確認裁判を扱った経験があります。また、相続欠格のご相談も多く受けており、様々なケースの取り扱い経験があります。
親の死後、消費者金融(サラ金)からの督促状が見つかりました。相続人は、親の生前の借金を支払わなければいけないのでしょうか?
消費者金融(サラ金)からの借金も相続の対象となるので、相続すれば返済の義務が残ります。借金の支払いを免れるためには、原則として相続放棄の手続きをする必要があります。
親の死後、消費者金融(サラ金)からの督促状が見つかりました。親の生前の借金について、相続人が複数いる場合はどのようになりますか。
消費者金融(サラ金)からの借金も相続の対象となるので、相続すれば返済の義務が残ります。借金を相続する場合、原則的には法定相続分で分けることになります。
親の死後、消費者金融(サラ金)からの借金が見つかり、返済するとき、相続人が妻(母)と子供2人の場合、どのように相続されますか?
この場合、消費者金融(サラ金)の借金の相続としては、1/2を妻(母)、子供1人当たり1/4ずつの割合で借金を相続します。
親の死後、クレジット会社(信販会社)からの督促状が見つかりました。親の生前の借金やクレジット代金を相続人は支払わなければいけないのでしょうか?
クレジット会社(信販会社)への借金やクレジット代金も相続の対象となるので、相続すれば返済の義務が残ります。借金の支払いをしないためには、原則として相続放棄の手続きをする必要があります。
親の死後、クレジット会社(信販会社)への借金やクレジット代金の督促状が見つかりました。親の生前の借金やクレジット代金について、相続人が複数いる場合はどのようになりますか。
クレジット会社(信販会社)への借金やクレジット代金も相続の対象となるので、相続すれば返済の義務が残ります。借金を相続する場合、原則的には法定相続分で分けることになります。
親の死後、クレジット会社(信販会社)への借金やクレジット代金が見つかり、相続人が返済するとき、相続人が妻(母)と子供2人の場合、どのように相続されますか?
この場合、クレジット会社(信販会社)への借金やクレジット代金の相続としては、1/2を妻(母)、子供1人当たり1/4ずつの割合で借金を相続します。
亡くなった親が消費者金融(サラ金)からキャッシング・借り入れをしており、死後に請求書や督促状が見つかりました。相続放棄できる期間を過ぎている場合には相続人は支払わなくてはいけないでしょうか。
消費者金融(サラ金)からの最後の返済から5年を経過している場合には、消滅時効の援用という制度を使って、借金を消すことができます(判決など債務名義が存在している場合を除きます)。消滅時効は専門的なものですので、弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所に一度ご相談ください。相続放棄の期間を過ぎてしまっていても、借金の相続をしないで済む可能性があります。
特定の相続人について相続欠格を主張したい場合にはどのような手続きを取ればいいでしょうか。
法律上裁判手続きは必ずしも求められてはいませんが、相続欠格を理由として、特定の相続人について、相続権がないことの確認を求める裁判を起こすのが一般的です。