遺産分割調停の進め方

遺産分割調停は大体1か月から2か月に1回のペースで、調停期日が入ります。
遺産分割調停で行うべき事柄を順番に処理していきます。

  • 相続人は、必要に応じて、自身が主張したいことを準備書面などの書面にして主張し、主張の裏付けとなる証拠を提出することになります。
  • 調停委員は、それぞれの相続人の言い分を聞いて、それを他の相続人に伝えたり、法律上の規定を説明したりして、遺産分割がまとまるように調整を図っていきます。

調停での解決が不可能となった場合、審判という手続に移行して、審判官が遺産の分配方法を定めることになります。