遺産分割調停の流れ

遺産分割調停の流れは、遺産分割協議と概ね同じです。

遺産分割調停の流れ

(1)  相続人の確定

相続人が誰かを確定させます。戸籍を取り寄せるなどして、相続人を確定します。

(2)  遺産分割調停の対象である遺産の範囲の確定

遺産分割の対象である遺産の範囲を確定します。

つまり、被相続人の遺産として何があるかを調査し、確定します。遺産の範囲でよく争われる問題には被相続人が買った不動産の名義が相続人の一人になっている場合や名義預金があります。遺産分割の対象である遺産の範囲で、相続人の合意が得られない場合には、遺産確認の訴えを起こして、遺産の範囲を定めることになります。

(3)  遺産分割調停の対象である遺産の評価

遺産分割の対象である遺産の評価額を出して、遺産総額を確定します。

遺産分割をする際に、遺産総額を確定することはその前提となります。遺産分割の対象である遺産のうち、評価を定め確定する必要があるものは、不動産、自動車、未公開株式、貴金属などです。また、遺産分割の対象である遺産の評価額について、相続人間で合意ができなければ、専門家による鑑定を行うなどして、評価額を定めることになります。

(4)  特別受益、寄与分による相続分の調整

相続人のうち、特別受益や寄与分がある相続人については、相続分について増減を行い、相続分の公平を図ります。

(5) 遺産分割方法の協議

遺産分割方法の協議を行います。

遺産分割方法の協議とは、相続人それぞれの相続分を算出して、どの遺産をどの相続人が取得するかを協議することです。遺産分割調停における相続分は法定相続分が基本となりますが、相続人間で相続分を変更することもできます。また、(4)の特別受益や寄与分による調整を行った相続分で遺産分割を行うことも可能です。

(6) 遺産分割調停の成立

遺産分割について、相続人全員の合意が成立したら、遺産分割調停が成立し、その証として、裁判所が遺産分割調停調書を作成します。遺産分割調停調書の内容に従って、相続人各自が遺産を取得します。

遺産分割調停がまとまらない場合

遺産分割調停において、

  • 遺産の評価で合意ができない
  • 遺産分割方法で合意ができない

など、遺産分割調停がまとまらない場合があります。
この場合には、遺産分割調停手続が審判という手続に移行します。

審判では、審判官(裁判官)が、相続人全員の主張を踏まえた上で、遺産の分割方法を定めます。遺産の評価や寄与分や特別受益といった事項についても審判で判断します。