遺産分割調停を弁護士に依頼するメリット

相続分野に精通している弁護士に依頼することが重要です。

遺産分割調停を行う際に、弁護士に依頼した方がより良い結果につながり易いでしょう。
遺産分割調停の際に弁護士に依頼するメリットをご紹介します。

1.複雑難解な手続きを代行します

遺産分割調停の手続はやるべきことが盛りだくさんで、一般の方には負担が重いものです。この点、相続・遺産分割に精通している弁護士に依頼すれば、そのような負担はなくなります。遺産分割など相続に精通している弁護士は、遺産分割調停全体を見通せます。

これから遺産分割調停を行う上で合意すべき事項は何か、遺産分割調停を行う際に必要な書類、資料は何かを把握した上で、遺産分割調停を行いますので、円滑に遺産分割調停を進めることができます。

また、遺産分割調停において特別受益、寄与分など、法的な主張をする場合には、準備書面等の書面を作成し、裁判所や相手方に提出する必要があります。こういった書類は専門的知識が要求されることが多いです。そのため、ご本人が作成されるよりも、弁護士に依頼した方がより効果を得る事が多いです。

2.依頼者にとって有利になる法的な主張を組み立てます

遺産分割調停には、遺産の範囲や、遺産の評価、特別受益、寄与分など様々な法的な問題が登場します。遺産分割調停におけるこれらひとつひとつを分析して、依頼者にとって有利な結果になるよう、法的な主張を組み立てます。これらは専門的で、一般の方が自力で行うのは困難だと思われます。依頼者も知らなかった事実を発見し、それを法的な主張に構成して主張する場合もあります。たとえば、弁護士が遺産の調査を行い、被相続人の預金口座を分析した結果、他の相続人が生前贈与を受けていた事実や、遺産を使い込んでいた事実を発見する場合もあるのです。

3.他の相続人との交渉を代行します

遺産分割調停においては、裁判所や他の相続人との交渉・折衝が避けて通れません。

しかし、遺産分割調停の相手方は兄弟姉妹など知己の親類ですから、改めて交渉しにくい場合があると思います。また、親類だけれども今まで一度も会ったことがなくてどう交渉を進めたらよいか分からない場合もあります。

遺産分割調停の調停委員は必ずしも、味方になってくれるわけではなく、早期の解決に急ぐ調停委員も少なくありません。場合によっては、早期の解決を優先して、調停委員が不利な遺産分割案を提案してくることもあります。こういった場合には弁護士を立てて、交渉した方がスムーズに進むことが多いです。

4.遺産分割協議で主張すべきこととそうでないことを的確に判断します

遺産分割調停においては、良かれと思って主張したことが、かえって自己の相続分を減少させる法的根拠となることがあります。同様に、遺産分割調停において有利になると思って出した証拠が、かえって自己の相続分を減少させる証拠となることがあります。

遺産分割調停において弁護士に依頼すれば、依頼者のお話を聞き、資料を調査し遺産分割協議で主張すべきこととそうでないこと、提出すべき証拠とそうではない証拠を適切に判断します。そして、主張すべき主張のみ主張し、提出すべき証拠のみを提出します。

5.遺産分割調停の見通しを説明し、最善の解決方法を考えます

遺産分割協議の見通し、今後の方針としてどのようなものがあるか、それぞれの方針のメリット、デメリットをお教えします。これによって、納得した解決が可能となります。