遺留分ってどれくらいですか?

そもそも、遺留分とは、法律の定めにより相続人が相続できる最低限の割合のことです。

遺留分の割合は以下の通りです。

  • 配偶者・直系卑属のどちらか一方でもいる場合 ―相続財産の2分の1
  • 直系尊属だけの場合 ―相続財産の3分の1
  • 兄弟姉妹 ―遺留分なし

遺留分のある相続人が複数いる場合は、この遺留分に法定相続分をかけた割合です。